心理学評論刊行会

代表者挨拶

心理学評論刊行会
代表者:板倉 昭二

心理学評論刊行会 代表者:板倉昭二

 心理学評論のHPが新しくなりましたので、編集委員長のほうから一言ご挨拶申し上げます。心理学評論は、1957年に創刊され、およそ60年の伝統を持つ、日本で唯一の心理学のレビュー雑誌です。本誌は、京都大学文学研究科を中心として年4回冊子体が刊行されており、すべての同学の人びとに自由な研究討論の場を提供することによって、心理学の発展に寄与することを目的としています。本誌の内容は、投稿者が任意にテーマを選ぶ一般投稿論文と、特定のテーマについて編集委員から執筆を依頼した特集論文とに分けられます。そして特定のテーマの特集号と自由なテーマの一般号とを1号おきに年4回刊行しているのです。
 今日、心理学の領域はますます多様化しているように思われます。こうした多様化に合わせて編集委員も多様な領域から参加をいただいております。多様化した心理学の研究論文は、日々相当量出版されておりますが、心理学のさらなる発展のためには、類似の領域もしくはテーマを理論的にまとめあげ、次に進むべき方向を展望することが不可欠だと考えます。心理学評論は、そのような重要な役割を担っているのです。また、嬉しいことに、最近では若手研究者の投稿が増えているように思われます。レビュー論文は、十分に経験を積まれたシニア研究者の専売特許のように思われがちですが、若い研究者にこうした視点から取り組んでいただけるのは心理学に明るい光を照らすかもしれません。
 私は、2014年度より編集委員長の任に就きました。その任の重さを噛みしめながら、今後も、心理学評論が、心理学のますますの発展に貢献できる雑誌であり続けることを強く祈念している次第です。

インフォメーション

2016.07.26 Vol.59 No.1 2016 特集:心理学の再現可能性
今号に限り、こちらのサイトから論文要約の閲覧・本文PDFダウンロードが可能です。
http://team1mile.com/sjpr59-1/
2016.06.30ホームページをリニューアルしました。

最新号  ↓click

最新号

心理学評論最新号

Vol.59 No.1 2016 特集:心理学の再現可能性
編集:友永雅己・三浦麻子・針生悦子

今号に限り、こちらのサイトから論文要約の閲覧・本文PDFダウンロードが可能です。
http://team1mile.com/sjpr59-1

・心理学の再現可能性:我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか
─特集号の刊行に寄せて─
友永雅己・三浦麻子・針生悦子
原著論文
・心理学における再現可能性危機:問題の構造と解決策
池田功毅・平石 界
・認知心理学における再現可能性の認知心理学
山田祐樹
・発達科学が発達科学であるために
─発達研究における再現性と頑健性─
森口佑介
・システム神経科学における再現可能性
鮫島和行
・動物心理学における再現可能性の問題
澤 幸祐・栗原 彬
・帰無仮説検定と再現可能性
大久保街亜
・心理尺度構成における再検査信頼性係数の評価
─「心理学研究」に掲載された文献のメタ分析から─
小塩真司
・社会心理学における“p-hacking” の実践例
藤島喜嗣・樋口匡貴
・心理学データと再現可能性
渡邊芳之
コメント論文
・人間の観察研究における再現可能性の問題
小島康生
・フィールド研究の再現性とは何か?
松田一希
・心理学研究におけるリサーチデザインの理想
平井 啓
・統計学の現場は一枚岩ではない
三中信宏
・再現可能性の問題から始める心理学研究の「バックヤードツアー」:
科学技術コミュニケーションの観点からのコメント
武田美亜
・研究公正から見た再現可能性問題
東島 仁
・科学的方法の多元性を擁護する
佐倉 統

ページの先頭に戻る