心理学評論刊行会

代表者挨拶

心理学評論刊行会
代表者:板倉 昭二

心理学評論刊行会 代表者:板倉昭二

 心理学評論のHPが新しくなりましたので、編集委員長のほうから一言ご挨拶申し上げます。心理学評論は、1957年に創刊され、およそ60年の伝統を持つ、日本で唯一の心理学のレビュー雑誌です。本誌は、京都大学文学研究科を中心として年4回冊子体が刊行されており、すべての同学の人びとに自由な研究討論の場を提供することによって、心理学の発展に寄与することを目的としています。本誌の内容は、投稿者が任意にテーマを選ぶ一般投稿論文と、特定のテーマについて編集委員から執筆を依頼した特集論文とに分けられます。そして特定のテーマの特集号と自由なテーマの一般号とを1号おきに年4回刊行しているのです。
 今日、心理学の領域はますます多様化しているように思われます。こうした多様化に合わせて編集委員も多様な領域から参加をいただいております。多様化した心理学の研究論文は、日々相当量出版されておりますが、心理学のさらなる発展のためには、類似の領域もしくはテーマを理論的にまとめあげ、次に進むべき方向を展望することが不可欠だと考えます。心理学評論は、そのような重要な役割を担っているのです。また、嬉しいことに、最近では若手研究者の投稿が増えているように思われます。レビュー論文は、十分に経験を積まれたシニア研究者の専売特許のように思われがちですが、若い研究者にこうした視点から取り組んでいただけるのは心理学に明るい光を照らすかもしれません。
 私は、2014年度より編集委員長の任に就きました。その任の重さを噛みしめながら、今後も、心理学評論が、心理学のますますの発展に貢献できる雑誌であり続けることを強く祈念している次第です。

インフォメーション

2018.7.17 バックナンバー総目次を更新しました。
2018.4.11 「心理学評論」誌 J-STAGE公開のお知らせ
「心理学評論」誌は、59巻3号よりJ-STAGEでの公開が始まりました。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/sjpr/-char/ja
冊子発行より1年後の公開となります。
バックナンバーにつきましても順次公開してまいります。
2016.06.30 ホームページをリニューアルしました。

最新号  ↓click

最新号

心理学評論最新号

Vol.61 No.3 2018  特集:叡智
編集:杉浦義典

・よく生きるための叡智
杉浦義典
思考による叡智と思考を離れる叡智
・叡智としての批判的思考―その概念と育成―
道田泰司
・熟達化としての叡智―叡智知識尺度の開発と適用―
楠見 孝
・認知療法,マインドフルネス,原始仏教:「思考」という諸刃の剣を賢く操るために
伊藤義徳
・ソクラテスからヘレニズム哲学にいたる「よく生きるための知」―道田論文と楠見論文と伊藤論文へのコメント―
金山弥平
身体の叡智
・身体を通して感情を知る―内受容感覚からの感情・臨床心理学―
福島宏器
・内受容感覚の予測的符号化―福島論文へのコメント―
大平英樹
悪の叡智
・「ダークな」人たちの適応戦略
増井啓太・浦 光博
・犯罪者プロファイリングはホームズの叡智を獲得したのか?
桐生正幸
・「悪」に惹かれるこころへの対策―増井・浦論文と桐生論文へのコメント―
平 伸二
人の「間」の叡智
・人と人の「間」にある叡智
佐藤 德
・人と人以外のものの「間」にある叡智―佐藤論文へのコメント―
北崎充晃
エイジングと叡智
・知恵は発達するか―成人後期における知恵の機能的側面と構造的側面の検討―
春日彩花・佐藤眞一・Masami Takahashi
・知恵の生涯発達へのアプローチ―春日・佐藤・Takahashi論文へのコメント―
楠見 孝

ページの先頭に戻る